二兎を追え!

トランスフォーマーで遊ぶブログ

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ注意】「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」の感想(吹き替え版)


Category: TF:感想
「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」の吹き替え版を見てきました!
ねんがんのIMAX 3Dで!
やや小さいスクリーンだったためか、迫力という点では大スクリーン3Dの方が勝っていました。
音響も良いらしいのですが、個人的に差はあまりわからず…でした。

つづきから、短いですがネタバレの感想ですので、まだ見ていない方はご覧にならないでください。

 

スポンサーサイト

【ネタバレ注意】「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」の感想


Category: TF:感想
7月28日に先行上映で観てきた「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」のネタバレ感想です。
重大なネタバレが普通に飛びだしますので、まだ観ていないという方はこの先をご覧にならないでください。
見てもよいという方のみ、下の方のつづきからどうぞ~。


---------------------------------------------------------------------------------
拍手ありがとうございました!
以下反転で、いただいた拍手コメントのお返事です~。

>7/17 雪甫さま
コメントありがとうございました~。嬉しく読ませていただいています^^
楽しんでいただけたようで嬉しいです。いつも変なものですみません…^^;
もうスタースクリームはスカイファイアーとのコンビのリーダーということで妥協してもらいたいです(笑)
ありがとうございました~。


---------------------------------------------------------------------------------

 

DVD『Transformers Japanese Collection: Headmasters』(SHOUT! Factory)


Category: TF:感想
P7130154.jpg
「トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ」のDVDがアメリカで発売!
ということで、SHOUT! Factoryという会社が2011年7月5日にアメリカで発売したDVD『Transformers Japanese Collection: Headmasters』を購入しました。
SHOUT! Factoryは初代~リバース(シーズン1~4)や、ビーストウォーズのDVDも安価かつデジタルリマスターで販売しています。
今回のヘッドマスターズはデジタルリマスター、日本語音声、新規英語字幕で発売されました。

詳細はつづきから!

 

『ALL HAIL MEGATRON』Vol.1 Chapter 4~6を読んだ


Category: TF:感想
P9190082.jpg
IDW社のコミック「ALL HAIL MEGATRON」vol.1 Chapter 4~6の感想メモです。
ネタばれしていますのでご注意ください。

↓Vol.1 Chapter 4~6

 

『ALL HAIL MEGATRON』 Vol.1 Chapter 1~3を読んだ


Category: TF:感想
P9190089.jpg
IDW社のコミック「ALL HAIL MEGATRON」を読んでいるので、気になった点やちょこっと感想などを書いていこうと思います。
ネタばれがボロンボロン出てきますので、ご注意ください。
翻訳でよくわからなかった部分は見なかったことにして先に進んでいるので、間違って考えている部分などあるかもしれません…^^;

続きからどうぞ!(キャラクター名などは日本名で表記しています)

↓Vol.1 Chapter 1~3

 

Transformers: Season 2, Volume 2 (25th Anniversary Edition)


Category: TF:感想
Transformers: Season 2, Volume 2 (25th Anniversary Edition)パッケージ
(2010/1/24 画像を追加しました)
本日発売のアメリカ版DVD「Transformers: Season Two, Volume 2 (25th Anniversary Edition)」が届きました。 今日が発売日だってことをすっかり忘れていた。
パッケージはサウンドウェーブ&ジャガーと…手前にある赤と黒の手はブロードキャストかな?
とりあえずボーナスディスクの一部を見てみました。

「Original Commercials」 これは玩具のCM。
アニメーションパートと、玩具で遊ぶ子供たちの映像の2パートで構成されています。
「オメガスプリーム」、「パーセプター&ブリッツウイング」、「ビルドロン」、「ブロードキャスト&サウンドウェーブ」の4本を収録。
なぜか子供たちの顔がぼかされているのが妙にコワイです^^;

<オメガスプリーム> アニメーションは、オメガスプリームVSスタースクリーム&スラスト(だと思う)。 やっぱりデストロンにとってオメガスプリームは脅威なんだろうなぁ。 原語版スタースクリームの絶叫は何度聞いてもおもしろいです。
玩具パートはオメガスプリームのギミックが満載。 そうか、歩くのか^^ 欲しいなぁ。

<パーセプター&ブリッツウイング> アニメーションは、なぜかサイバトロン軍相手にひとりで戦うアストロトレイン。 なぜかコンボイと格闘、そしてコンボイ、サンストリーカー、ラチェット、ランボルの銃撃を華麗に避ける。 こんなに活躍しているアストロは初めて見ました。 そんな中、突然顕微鏡モードのパーセプターを覗き出すコンボイ。 覗いた先にはデストロンマークがついた謎の物質。 本当になんだろうこの物質…。 パーセプターがロボットモードにトランスフォーム!…したけどミニボットくらいの大きさしかありません。 変なパーさん^^ 当のブリッツウイングは結局出てこず。 トリプルチェンジャーはメガトロンに作られたという設定のようです。
玩具のパートではちゃんとブリッツウイングがでてきます。 巨大なパーセプターに立ち向かうブリッツウイング&アストロトレインというシュールな構図。

<ビルドロン> アニメーションは、働くビルドロン。 ビルドロンは働き者^^ ビークルモードではちゃんと6体いるのに、ロボットモードではひとり足りないような^^;
ビルドロンいいな~。 欲しいです。

<ブロードキャスト&サウンドウェーブ> デストロン基地で、赤いラジカセを肩に抱えて、サウンドウェーブの元に嬉しそうに走ってくるフレンジー。 サウンドウェーブが「サイバトロンだ」と言っても、「どこ?」ってキョロキョロしてるのがカワイイです。 ブロードキャストがフレンジーの肩からトランスフォーム、サウンドウェーブがコンドルとジャガーをイジェクト、そして突撃してきたコンドルをこともなげに軽いパンチ一発で撃退するブロードキャスト…強いな^^;
しかしブロードキャストの玩具はデカイですね。 コンボイの倍近くありそう…。


「Public Service Announcements」では、トラックスとアラートを主人公にした啓蒙CM?のようなものが見られます。
このふたりは本編ではあまり出番が多くないから、こういうスピンオフっぽいのが見られて嬉しいです。

<トラックスの「Stealing」(窃盗)>
街で見つけたイカした車を、バールのようなものを使って頂戴しようとする少年たち。
しかしその車は実はトラックスで、「車泥棒はダメだよ」と諭されるというストーリーのもよう。
最後に、身を屈めながら少年たちの肩に手を置いてにこやかに歩くトラックスが優しそうでよいです。
アニメを見ていると、トラックスは性格が良さそうだな~と思います。 ナルシストなんだけど、他人にも優しいというか。
しかしトラックスはよく盗難に遭うなぁ。 TFいちの盗難被害キャラか…。
こんなアニメが製作されるということは、アメリカの車泥棒は日本における自転車のチョイ乗りくらいの感覚なのでしょうか。
白昼堂々ハデな車を盗もうとする少年たちが大胆すぎる。

<アラートの「Reflectors」> reflectorとは、自転車の後ろにつける反射鏡のことのようです。 三位一体の空気キャラな彼らとは違うみたい。
少年たちが夜道を自転車で走っていると、後ろからやってきた消防指揮車に轢かれそうになり、思いっきり転倒!
アラートはトランスフォームして少年たちを助け起こし、「きみたちの自転車に反射鏡がついてないから見えなかったよ。危ないからちゃんと反射鏡をつけよう!」的なことを言ってるんだと思う…たぶん。
トランスフォーマーたちも、交通安全には気を使っているようです。
プロールじゃなくてアラートなところがポイントなんでしょうか。


「Concept Art Gallery」では、アニメの設定画(白黒)がスライドショーで表示されます。
出てくるのは全員じゃなくて、メインキャラ?だけのようです。 全員分見たかったな~。
でも最後にスカイファイアーが出てきたから許す^^
しかしボーンクラッシャー→スカベンジャー→ミックスマスター→スクラッパー→ロングハウルの5体がデバスターに合体!的な流れで表示されて…。 結局、グレンは出てこなかった。 グレン…(´・ω・`)
アニメで一人足りないとかはまだ許せるけど、さすがにこれはかわいそうだ^^;

Transformers: 25th Anniversary Edition
1~3までのパッケージを並べてみました。
カメラがどんどん手前に寄ってきている風なデザインです。

驚きの省スペース
初代が全話入って、スペース的には通常のDVD3枚分とほぼ同じ。
安いし場所とらないしで良いです。
日本版もこういうの出してくれないかな~。


おまけで「サバイバル作戦」を意識した写真を置いておきます。
MYCLONEはこういう遊びもできるぞ!
ガウォーク?
ブロードキャストがこんなになってた気がする。 ガウォーク的な…。

バンブルの代理で参ります
バンブルを持っていないので副官で。 副官は苦じゃなさそうだ。

テーマ : トランスフォーマー    ジャンル : アニメ・コミック

トランスフォーマーのアメリカ版DVDを買った


Category: TF:感想
初代トランスフォーマーのアメリカ版DVDを買いました。 25周年記念のやつ。
もともとかなり安いものなのですが、アメリカのAmazonで半額くらいになってたのでつい買ってしまいました。 送料入れても、日本のAmazonから買うより安いんだもん。
一番安い発送方法で頼んだのですが、2週間ちょっとくらいで届きました。

リージョンコードが日本とは違うので、通常のDVDプレイヤーでは再生できません。
ノートPCでコード変更をするか、リージョンフリーのプレイヤーが必要です。

初代TF DVD
左:Transformers: The Complete First Season (25th Anniversary Edition)
左側がシーズン1。
1〜16話までと、ボーナスディスク。 わたしが買った時は1,500円くらい。 今はもうちょっと安いみたいです。 半額になったのはG1コンプリートボックスが出たからなのかな?
各話のあらすじが書かれたブックレットがついてます。
メインメニューはちゃんとアニメーションしてます。(アイキャッチからの流用ですが) 日本版の、全巻同じイラストが表示されるだけとは大違い(笑)

右:Transformers: Season Two, Volume 1 (25th Anniversary Edition)
右側がシーズン2のVol.1。
17〜44話までを収録。 こちらにもあらすじのブックレットが付属。 1,800円くらい。
パッケージは、なぜかスラッグが妙に目立っております。
裏には、『第2シーズンの人気エピソード「対決!ダイノボット」、「ナイトバードの影」、「マスタービルダー」、「スカイゴッド」を収録』とあります。 アメリカの人気エピソードはこれなのか…。

残りのシーズン2 Vol.2は2010年1月12日発売だそうです。 これで初代が全部揃う!

ドキッ☆マイスターだらけの副官パラダイス
なぜかいろんなところにマイスター副官があしらわれていてウハウハです。
マイスターが副官なのは日本だけの設定で、海外ではヒラっぽい感じだそうですが、このDVDではコンボイ並にイラストが使われてます。
デザイン的にスタースクリームと対になっている感じだし、やっぱりアメリカでも人気あるんでしょうか。 それとも単にパッケージデザインした人がマイスターファンなのか…。
ここにも副官
左下のブックレットの表紙も副官。
シーズン1のメインメニューのアニメーションも、なぜか副官が一番最初に出てきます。(マイスター→コンボイ→メガトロン→スタースクリームの順)

ピクチャーディスク
ピクチャーディスクがきれいで良いです。
各ディスクの絵柄は、
1−1:コンボイ&メガトロン
1−2:マイスター&スタースクリーム
1−3(ボーナスディスク):サイバトロンエンブレム
2−1:マイスター
2−2:スタースクリーム
2−3:バンブル
2−4:サウンドウェーブ&コンドル&ジャガー
となっており、どう見てもマイスターファンの仕業です。

収納はコンパクトに
ディスク3〜4枚を、DVD1枚分サイズのパッケージにまとめているので、ケースがペラペラです。
ただ、保管の際にほとんど場所をとりません。 初代全話揃えたって、DVD3枚分のスペースで済むのは素晴らしい。

で、肝心の中身はといいますと、綺麗にリマスターされてます。
細かい部分もはっきりくっきりクリアに見えます。
色も鮮やかで綺麗。 音も良いです。
日本版DVDは全体的に線がぼやーっとしてて、色も黄ばんでるというかくすんでるというか…。 音もあまりよくないですね。
日本版もリマスターして発売してくれないかな…。 べらぼうに高くなりそうだけど、たぶん買う。

とりあえず、気になる話をいくつか見ました。
おお…字幕がないのでよくわかりません。 英語は特別苦手というわけではないけど、決して得意ではない。 記憶の中の流れと妄想でカバーするぞ。

以下、気になった点とアメリカ版ボイスの感想を覚書程度にピックアップしてます。 何の参考にもなりませんが…。
話数は、アメリカ版はDVDの収録順でカウント、日本版はWikiを参考にテレビ放映順で記載してます。

長くなるのでおりたたみます

 

テーマ : トランスフォーマー    ジャンル : アニメ・コミック

実写映画『トランスフォーマー リベンジ』感想みたいなもの


Category: TF:感想
いまさらだけど『トランスフォーマー リベンジ』の感想などを。
思いっきりネタバレしてるから、知りたくない人は見ないでね。

一作目の時は全然興味がなくて、劇場で観てきた母親に「おもしろいよ、ロボットが車になるんだよ」と言われてもスルー。(実際に観るまで、「車がロボット的な兵器になる」ものだと思ってた)
で、2009年6月の地上波で初めて観て衝撃を受けました。
これは劇場向きの映画だから大スクリーンで観たかったなぁと後悔。(六本木のイッキミとかあったけど、深夜だから途中で寝てしまいそうなので断念)
最初は金属の塊がガシャガシャ動いているようにしか見えなかったけど、2回目観たらようやく目が慣れて何をしているのかわかるようになりました。
オートボット5人しかいないのに、うち2人の色(しかも黄色)が被ってるってどうなのよ、と軽く憤りを覚えたものの、CGがすごい上に浮いてないとか、TFみんな個性があってかっこいいとかですっかりハマってしまいました。

で、本題の「リベンジ」ですが、字幕3回、吹き替え1回の計4回、それぞれ違う劇場で観てきました。
一つの映画を何回も観たのは初めてなんだけど、細かいところもわかるようになっていいですね。
やっぱり大スクリーンで観たい映画だから出費は惜しまない。
ストーリーは王道というか非常にわかりやすいので、その他の部分に集中できていいです。

以下、個人的に注目のシーンを。 もう記憶が薄れてきてしまってるので箇条書きですみません。
無駄に長いのでおりたたみ。


 

テーマ : 映画館で観た映画    ジャンル : 映画

ブログ開始


Category: TF:感想
ブログを始めたのでTFのタグフレンズをつけてみました!
マイスターとスタースクリームと迷って選べなかったからどっちも買った。
スカイファイアーもあったらいいのにな~。でもたぶんハウスには入れない。
しかしかわいい!
さあ、分身だ!
開始数十分後の様子。
スタースクリーム名物・作画ミス分身がここでも見られるとはなかなかの再現度。

見よ、この作画ミス分身を!
タブを閉じてもう一度開いたらさらに増えた。
色が青と黒だったら仲間が遊びに来てくれたみたいでほほえましいのに、全部スタスクだから若干キモい。
後ろのフィギュアと合わせて合計4スタスク。

面喰ったのも無理はない!
と思ったら今度はどこにもいなくなった。

ブラウザを閉じて開きなおしたら元に戻りました。
スタスクが無限増殖するんじゃないかと不安だった。

おまけ
ふくかーん!
司令官を攻撃しようとしたら誤って副官を撃ってしまったの図。
しかし「手を振る」コマンドのアクションがナルビーム発射ってどうなの。

(C)TOMY 株式会社タカラトミー
以上トランスフォーマー@タグふれんずより

今後は適当に好きなものの写真とか感想などを載せていく予定です。

テーマ : ブログペット    ジャンル : ブログ

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

08

09


 
 
カテゴリ

openclose

 
画像タグ
 
 
検索フォーム
 
プロフィールとブログについて

Elanos

Author:Elanos
のんきなOL。
羽をしょってるロボをあからさまにひいきする傾向がある。

TB、リンクフリーです。

 
 
 

Archive   RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。