FC2ブログ

二兎を追え!

トランスフォーマーで遊ぶブログ

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRANSFORMERS REVEAL THE SHIELD "BATTLE IN SPACE"


Category: 玩具紹介 > 【TF】CLASSIC系海外版
P2030004.jpg
海外展開のTRANSFORMERS REVEAL THE SHIELDより、ボックスセットの「BATTLE IN SPACE」です。
CLASSICロディマスとUNIVERSEサイクロナスの対決セット。
リーダーのマトリクスと、IDW社のコミックが付属しています。

詳細は続きから!

P2030018.jpg
中身。
こより梱包は良い点もあるのだと思いますが、解きにくくて苦労します。

P2030022.jpg
コミックと説明書。
コミックは2011年1月発行「RODIMUS VS. CYCLONUS」。(海外のTRANSFORMERS WIKIに詳細が出ています
絵柄はやけにアニメイテッド風ですが、内容は「ザ・ムービー」あたりのストーリー。
登場キャラはREVEAL THE SHIELDやGENERATIONSでラインナップされているキャラが多いです。
VSセットのストーリーらしく、ロディマスがサイクロナスに一騎打ちを申し込んで決闘するシーンが山場。
マトリクスに触れたロディマスと、ユニクロンによって再生されたサイクロナスという、「生まれ変わった二人の対決」という構図のようです。
しかしストーリー上のミスがあるらしく、読んでいて「?」となるところも。(上記ページの「Errors」に書かれているのを見て納得)

P2030013.jpg
箱裏。

箱側面
P2030007.jpg
ロディマス
ホットロッドでもロディマスプライムでもなく「ロディマス」。
コミックを見た感じだと、マトリクスに触れたけどまだロディマスプライムにはなっていない中間の状態という印象でした。
スペック値が「変形!ヘンケイ!」版とは異なっています。「地位:5」に納得。

P2030008.jpg
サイクロナス
こちらもヘケヘケ版とは異なる値。
なんか強くなった気がする~。

P2060051.jpg
色はヘケヘケよりも更にアニメに近付いた印象です。
以前発売されたUNIVERSEのボックスセット「Challenge at Cybertron」との違いは、エンブレム(印刷かシークレットエンブレムか)くらいだそうです。
ロディマスよりサイクロナスの方がだいぶ背が高いのが良いと思います。

P2060052.jpg
サイクロナス ロボットモード
まずはサイクロナスから。
スマートで脚が長いです。思った以上に脚が細い!
羽などのおかげで上半身はそこそこ横幅があるように見えます。
頭の耳が動くかと思っていたのですがそんなことはありませんでした。

P2060057.jpg
顔のアップ。
アニメ通りの老け顔です。しかしサイクロナスなのに眉毛がないのが不可解。(ロボットに眉毛がある方も不可解ですが)
目は真後ろに集光パーツがあるので非常によく光ります。
ちなみに耳パーツは軟らかめの素材でできていますが、刺さると痛いです。

P2060174.jpg
シークレットエンブレムはマークの形に合わせてカットされています。
わたしは四角いのよりもこっちの方が好きかな~。

P2060053.jpg

P2060056.jpg
翼は背中ではなく腕についてるので、腕を動かすと一緒に動きます。
脚の後ろ側が蛇腹っぽくなっているのがちょっと苦手…。

P2060065.jpg
この玩具のサイクロナスはターゲットマスター。
ということで…。

P2060067.jpg
武器(レーザーキャノン)が変形してミニコンになります。
名前はナイトスティック。アニメの設定では犯罪王とのこと。
「ザ・リバース」(海外ではシーズン4)では、人間に似たネビュロン人が機械のスーツを着て変形、それぞれのパートナーの武器になるという設定でした。

P2060072.jpg
ナイトスティックは腕の付け根と肘、脚の付け根が動きます。
カワイイです。
ヘケヘケアラートの付属漫画でもサイクロナスと一緒に登場してジェスチャーで何かを表現していました。

それではトランスフォーム!
P2060089.jpg
途中で妖怪みたいになっていますが通常の変形です。
てっきり頭の耳パーツが閉じて機首になるものだと思い込んでいたのですが、機首部分は入れ子式になっていてすべて胸に収納されています。
意味ありげだった耳がまったくの飾りパーツだったことに驚きを隠せません。
難易度は難しすぎず簡単すぎずでわかりやすい印象です。

P2060104.jpg
サイクロナス ハイパーソニックファイターモード
機首がとても細いところなど、シルエットはアニメによく似ていると思います。こちらの方が厚みがあるかな?
上部にナイトスティックを取り付けられます。

P2060108.jpg
ナイトスティックを外したところ。
やっぱり気になるなぁ、蛇腹っぽい部分…。

P2060114.jpg
裏側
耳…。

P2060116.jpg
ロディマス ロボットモード
ロディマス型はずっと欲しかったので手に入って嬉しいです。かっこいいなぁ。
色は鮮やかできれいですが、クリアパーツが使われていないのが残念。

P2060119.jpg
顔のアップ。
目の部分は塗装。

P2060138.jpg
シークレットエンブレム。
ファイアーパターンの色が薄くて目立たないのがちょっと残念。

P2060125.jpg

P2060124.jpg
背中に背負ったパーツが動きやすいので、油断すると曲がってしまう…。

P2060136.jpg
可動に関しては、思ったより動かないなぁという印象です。
特に腕が色々干渉してしまって動かしにくいかも。

P2070004.jpg
左腕に内蔵されたパーツですが…
ヘケヘケ版では「レーザーチェーンソー」とのことでしたが、こちらの説明書には「communicator(通信機)」と書かれています。
「ザ・ムービー」では左手首から丸ノコを出していたのでそれを再現したものかなと思うのですが…通信機能を備えたノコギリなのかもしれない。

それではトランスフォーム!
P2060140.jpg
変形はかなり簡単です。
車になるトランスフォーマーは飛行機になるものに比べて変形が難しいような気がするのですが、ロディマスは一度やってみればすぐに覚えられました。
ストレスはないけどちょっと物足りない気も…。

P2060160.jpg
ロディマス レースカーモード
海外名Hot Rod(スピードが出るように改造した車)や、アニメでチャーに言われていた「イカレ暴走族」という言葉を彷彿とさせる車。でっかいリアウイングが特徴です。
窓が塗装なので、クリアパーツのものと比べて安っぽさは否めないかと思います。

P2060165.jpg

P2060164.jpg
頭部がちょっと覗いています。

P2060167.jpg


P2060168.jpg
変形完了の一歩手前の状態に戻すと「アタックモード」に。

P2060191.jpg
セットに付属するリーダーのマトリクス。
銀メッキで、素材は多分金属だと思います。結構重いです。

P2060182.jpg
このロディマスにはマトリクスを握れたり装着できる部分があるわけではないので、バランスをとって手の上に乗せるくらいが精いっぱい。
付属コミックの時期を見るとマトリクスを握ったり装着したりするシーンはまだ先のようなので、これでいいのかも。

というわけでBATTLE IN SPACEでした!

テーマ : トランスフォーマー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment



05 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

04

06


 
 
カテゴリ

openclose

 
画像タグ
 
 
検索フォーム
 
プロフィールとブログについて

Elanos

Author:Elanos
のんきなOL。
羽をしょってるロボをあからさまにひいきする傾向がある。

TB、リンクフリーです。

 
 
 

Archive   RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。